【ナノイー加湿器】結露の心配無し!使い心地最高

2019年1月5日

スポンサーリンク

低価格帯の加湿器は結露しやすい

もう乾燥が気になる季節になってきましたよね。去年は、低価格帯のアロマが使える加湿器を購入しましたが、如何せんパワーがあり過ぎて結露が激しい(;´Д`)
↓↓去年まで使ってた加湿器:tall-H↓↓

この噴出量ww

低価格帯の加湿器としては凄く高品質でスタイリッシュなんですよ。

  • 加湿方式が「超音波式」と「ハイブリッド式(超音波+ヒーター)」で稼働可能。
  • 6段階の出力調整(最小130ml/h, 最大300ml/h)
  • ハイブリッド式でも低消費電力⇒(最小14W~最大40W)
  • アロマ対応
  • タンク容量3ℓ

アロマはこのスポンジに上から垂らすだけ。超簡単!

低価格帯の加湿器の中では、私が去年、吟味に吟味を重ねて選んだ商品である為、このTall-Hはとても性能は良いですよ!

でも、ずぼらな私が本当に必要だったのは、湿度センサー使用性の良さだった。。笑

というのも、強運転した翌日の朝は、パワーが強すぎてそこら一体水溜りになってしまいます…。また、水補給の度にバチャバチャと、水が地面に毀れていました。絨毯ベチャベチャだし、電化製品がショートしないか怖い。。(ちゃんと気を付けてやれば何にも問題無いんですが^^;)

当時は、アロマが使えて、スタイリッシュで、ハイブリッド式で、維持費も安く、加湿性能が高いと飛び付いてしまいましたが、もう過ちは犯しません。

  • 結露しにくい。
  • 使用性が良い。
  • 掃除が楽。

上記を私のチェックポイントとして、色々なメーカーの加湿器から最高なものを見つけてきましたので、参考までに(・∀・)。

結論としては、パナソニックかシャープの2択!

私が購入したパナソニックのFE-KXM05と、シャープのHV-F50で、最後の最後まで迷いました。

  • 結露しにくい。
  • 使用性が良い。
  • 掃除が楽。

この両者は先に挙げた上記のポイントを満たし、そして、数ある加湿器の中でも珍しく、タンクの口が広口で中まで綺麗に掃除できます。

↓↓広口タンク↓↓

加湿器やアロマディフューザーで、菌の繁殖による健康被害で死亡事故も起きている昨今、タンク内を清潔につのは今や常識です。

製品比較

ナノイーとプラズマクラスターの違いが分からなかったので両者の違いを電気屋の店員さんに聞いたところ、手段は違うもののやってる事はほぼ同じだそうです。ただ、両製品の機能は大きく違いがあり、加湿器内のカビが発生しにくいのがナノイーのFE-KXM05、空気をキレイにするのがプラズマクラスターのHV-F50と説明を受けました。

ネットで後から色々調べてみましたが、確かに大体合ってて、下記の様な特徴があることが分かりました。

 ナノイー:FE-KXM05  プラズマクラスター:HV-F50
  •  DCモータなので、静かで省電力。
  • フィルター清潔モードで、「ナノイー」を加湿フィルター部に充満させ清潔に。
  • 10年使えるフィルター。
  • 左右どちら向きでも入れられるタンク。
  •  ACモータなので、電力効率が悪い。
  • フィルター乾燥機能で、清潔な状態で収納可能。
  • フィルターは2年交換。

シャープのフィルター乾燥機能は最高に良いなと思いましたが、やはりメンテナンス性に勝るパナソニックが私には良かったです。何より、左右どちらでもタンクが入れられるし、フィルター交換が10年不要なのは凄いです。

因みに、シャープのタンクは設置する場所に出っ張りがあるので、少しだけ設置し辛くなっています。

↓↓左右どちら向きでも入れられるタンク↓↓

↓↓10年交換不要のフィルター。簡単に出せてジャブジャブ洗いできます。↓↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • メンテナンス性を重視するならば、パナソニック。
  • 空気をよりキレイにしたいならば、シャープ。

下記記載の各社HPに書いてある実験結果では、空気をキレイにする能力は、シャープのプラズマクラスターの方が1.5倍程性能が良かったです。実験環境が違うため比較にならないかもしれないですが、あくまで私個人の主観です。

■パナソニック:ナノイーの効果
http://panasonic.jp/nanoe/effect/

■シャープ:プラズマクラスターの効果
http://www.sharp.co.jp/kashitsu/products/hvf50-pci.html

スポンサーリンク

Posted by だらは