【漫画】今話題の名作!マイナーだけど超泣ける作品を紹介

2019年5月1日

スポンサーリンク

マイナーだけど、人にお勧めしたくなるほど面白い。

どうも、だらはです。

最近小説と漫画をよく読むのですが、久しぶりに味のある作品に出会いました。

友達が少ないので広めることが出来ないので、ここで宣伝することにしますw

泣きたい人、震えるほど感動したい人にお勧めの漫画を紹介します!

Helck(ヘルク)

1人の勇者によって魔王が倒され、新魔王の座をかけた魔界トーナメントが行われていた。しかし、魔王トーナメントなのに何故か人間の勇者が参戦してしまった。「人間、滅ぼそう」と証言していることから、主催者が信じてしまい出場を許可してしまったのである。

ギャグから始まった漫画ですが、トーナメントが終わったころから雰囲気が一気にシリアスになり、もうページ送りを辞めたくても辞められなくるほどのめり込んでしまいます。勇者がトーナメントに参戦した理由と背景。そして想像もつかないエンディングは涙無しではマジで収まりません。

最後は、最高に感動する。ハッピーなお話です。(思い出したら泣けてきましたw)

ピアノの森

貧乏な家庭で育った主人公である一ノ瀬海が、世界に羽ばたいていくお話。と言いたいところだが、本当の見所は、一ノ瀬海と雨宮修平の関係性。

数々のピアノコンクールを総なめにする雨宮修平が、一ノ瀬海という天才を目のあたりにして、小学生のころからトラウマと嫉妬を抱いてしまう。

修平さんが人格者なだけに見てるこっちが泣けてくる。修平さん頑張ってるのに報われないという。。

2018年よりNHKでアニメ化したため、気になった人は見てみて下さい!(原作もお勧めですよ!)

ピアノの森

東京喰種トーキョーグール

東京を舞台として、人を食べることでしか生きていけない喰種をテーマにした作品。見所は、主人公である金木研が蹂躪されて壊れていく様の悲痛感。

ある日、内向的で温厚な性格の金木研が喰種のリゼに襲われ瀕死の重症を負う。奇跡的に生還したものの、搬送先の病院でリゼの赫包を移植され半喰種となり、人を食べなければ生きていけないことに苦悩する。

その後、人間と喰種双方の苦悩に触れて共存の道を探すが、アオギリの樹という喰種集団に拷問され、蹂躪され、金木研にとって大切な人も目の前で亡き者にされる。

世界観もですが、人物描写が上手く、心の底から金木研が救われて欲しいとずっとずっと祈ってしまいます。(ずっと救われないのですが。)

東京喰種トーキョーグール

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もしかしたら東京喰種トーキョーグールは最近アニメ化したため、若い世代の人には知名度があるかもしれません。

今回挙げた作品どれも、最高に面白く、ホットで、泣けて、震えるほど感動するので、是非機会があれば見てみて下さい(^^♪

スポンサーリンク

Posted by だらは