【超抜け毛予防①】知らないと損!早く取り入れるべし!

2018年12月4日

スポンサーリンク

絶対やるべき抜け毛対策!

皆さん抜け毛対策はされていますか?
私は元々人より毛量が少なかった為、小学生の時から出来る範囲の対策をしてきました。
一時期は何万もする育毛剤や育毛シャンプーを試したり、塩シャンプー、育毛マッサージ等何でもやってきましたが、今思えばそれらは無駄な苦労。
普通に考えれば分かることをずっと見過ごしていました。
今回は、私の積年の努力の結晶を記事にまとめたいと思います。

①一番重要なのはシャンプー

皆さまはどんなシャンプーを使っていらっしゃいますか?
サクセス、リアップ、石鹸シャンプー等々、育毛系のシャンプーを色々試されているかもしれません。

でもそれ、やめてください。刺激が強すぎます!

すぐにでも、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーに変更することをお勧めします。
先にあげたサクセスやリアップは硫酸系洗浄成分が主成分であり、頭皮を洗浄するには頭皮の脂が取れ過ぎてしまいます。
特にラウレス硫酸ナトリウムという洗浄成分は、シャンプーの製造コストを抑えたい為に採用されている洗浄成分です。
必要以上に頭皮の脂を取ってしまうと、いつも以上に過剰な脂を分泌してしまい、頭皮の毛穴が詰まって抜け毛の原因になるので、注意して下さい。

私がお勧めするのは、ミレアムとアロマキフィです。
これらは頭皮への負担がとても少なく、悪い成分がほぼ有りません。
他にもアミノ酸系シャンプーは沢山ありますが、私が試した中では、割りと成分も良く経済的で、とてもお勧めです。
因みに、ミレアムはよりコスパが良いです。(コンディショナーは普通なので別のを選んでも良いです。)
アロマキフィは天然のアロマオイルを香料に使用しており、色々な種類の香りを楽しめます。
コンディショナーも質が良く、ローズ&ジャスミンは特に質が良いです。

②スルフォラファンとノコギリヤシ

男性で抜け毛に悩んでる方は、これを服用して下さい。
よく、男性ホルモンが原因で髪が抜けると勘違いされてる方がおられますが、それは間違いです。
悪いのは、自慰行為によって生成される5αリアクターぜと男性ホルモンが結び付く事で生成される、ジヒドロテストステロンです。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と結合して、髪の毛を作り出す為の細胞分裂が減少させてしまうのです。

ノコギリヤシは、ジヒドロテストステロンの材料である5αリダクターゼの生成を抑制します。男性ホルモン自体を減らすわけではないのでデメリットも無く安心して脱毛予防出来ます(^^)
スルフォラファンは、髪の毛を作り出す毛乳頭細胞の数を増やします。研究結果によると1.8倍にもなるそうです。
また、発毛には関係ないですが、アンチエイジング効果も高く、癌の予防や肝機能の向上にも効果があります。
なので、毎日スルフォラファンを服用し、夜の営みをした日は必ずノコギリヤシを服用しましょう!(^o^)
ノコギリヤシはどこのブランドも大して変わりはありません。
スルフォラファンはブロッコマックスが一番コスパと質が良いと思います。
(店頭でもブロッコリースプラウトは購入できますが、熱に弱くコスパも悪い為、サプリメントをお勧めします。)

③マルチビタミン・ミネラルをしっかり取る

ミネラルとビタミンの欠乏により、髪の生成が阻害されます。
1日に必要な野菜の摂取量は「350g」で、そのうち緑黄色野菜は「120g」。
日本人は平均で「290g」摂取していると言われています。
案外楽勝じゃんと感じた方もいらっしゃると思いますが、これ結構キツイです。
一日だけなら何とかなりますが、毎日となると、朝食抜きであったりパン食の人は、相当な量を昼か夜に摂取する必要があり大変です。(まとめて取るのは実は良くないですが…)
そこで、リスクヘッジの為にもサプリメントが有効です。
マルチビタミン&ミネラルの選び方として、天然&無農薬の材料の物を選びましょう。
合成だと1つの栄養素を純粋に摂取できますが、副次的に取れる栄養素やファイトケミカルを摂取できずバランスが悪いのです。
ミネラルとビタミンは1つの栄養素だけとっても、バランス良く取らねば意味がないです。
髪の生成に必要な亜鉛だけを摂取しても意味がないので、マルチビタミン&ミネラルが必要なのですね。
また、サプリメントは栄養素を凝縮したものですので、農薬が入っていたら農薬も凝縮されてしまいます。
上記を満たす、コスパと質が良いサプリメントはこれです。
(ダグラス、アムウェイ、ナチュレ等比較して、一番良かったです。)

まとめ

如何でしたでしょうか?

  • アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選ぶこと
  • スルフォラファンとノコギリヤシを摂取すること
  • マルチミネラル&ビタミンを摂取すること

取りあえず最低限、すぐ取り淹れるべき3ポイントを載せました。
まだやるべきことはあるので、もし興味が出たら続きもご覧ください(^^)/

スポンサーリンク

Posted by だらは