【下呂温泉】1泊2日のモデルコース!合掌村も網羅した決定版!

2019年1月4日

スポンサーリンク

下呂温泉の観光はゆっくり旅がお勧め!

どうも、だらはです。

先日、赤ちゃん連れで下呂温泉に行ってきました!

1泊2日で行ってきたんですが、下呂温泉は時間の流れがゆっくりで、日々の疲れを癒すには持って来いな場所でした(^o^)

今回は、下呂温泉を観光予定の皆さまに向けて、お勧めな観光スポットと1泊2日のモデルコースを紹介しますので、参考にして頂けたらと思います。

①昼頃に、JR下呂駅に到着

電車の方は、必ずJR下呂駅を経由します。駅前の下呂市総合観光案内所ビルが目印です。

荷物が多いと温泉寺が厳しいため、下呂駅からシャトルバスが運行している旅館であれば、先に荷物を預けることをお勧めします。

②昼食は、せん田で飛騨牛を堪能

私が宿泊した旅館の運転手さんもお勧めしていた、「せん田」がお勧めです!

しっぽり系の大人空間で、飛騨牛をふんだんに使った料理が大変評判です。

飛騨牛はめちゃくちゃ柔らかいのに脂がしつこ無くなく、漬物から味噌汁まで全て美味しいです。

③昼食後は、下呂温泉街を散策

チャップリン像と下呂温泉神社は、せん田への道中にあるため、立ち寄り可能です。

紹介する順番に巡るのが効率的でお勧めです!

(昼食前も可)チャップリン像

ファンシーなチャップリン像で、記念撮影!

お立ち寄りスポットです。

(昼食前も可)下呂温泉神社

龍の口から温泉が湧いている、神社。

旅始まりにお祈りしてみては?

ビーナスの足湯(日本三名泉発祥の地)

下呂温泉で足湯巡りするうえで、私が最もお勧めしたい足湯スポット。

下呂温泉の足湯のうち最も温度が高く、向かいには若者に人気なGEROGEROみるくスタンドがあるため、水分補給がてらに足湯を堪能しましょう!

■GEROGEROミルクスタンド

足湯してミルク飲んで、芯から温まります。

加恵瑠(かえる)神社

加恵瑠大明神を祀った神社。

カエルの型抜きされたモニュメントがあったり、お参りすると神のお声が聴こえたりします。

鷺の足湯

私が行ったときは地元の高校生が居ました。

温度が低めで気楽に入れるため、地元の方々にも愛されているのでしょうか?

下呂発温泉博物館

下呂温泉を観光するにあたり、ここは外せませんよ!

温泉歴史や温泉の種類に関してわかりやすく解説されています。

特に、全国の温泉一覧が温泉の種類別にまとめられた区画が興味深かったです。

全国の温泉旅に出たくなりました。笑

少し熱めの足湯(歩行浴)も有り、まったりできます。

温泉寺

足湯で沢山まったりしたあとは、147段の階段を経て温泉寺に向かいましょう。

最上段まで登りきったら、下呂温泉を一望できます。

特に、紅葉の季節は絶景です。

ゆあみ屋

ここは是非立ち寄って下さい!

なんと、店内に足湯があり、足湯しながらお茶ができるのです!

私は温泉で温めるミルクプリンを注文しましたが、温泉たまごとソフトクリームを合わせた温玉ソフトが名物メニューです。

さるぼぼ黄金の足湯

ゆあみ屋の隣に位置する、さるぼぼ黄金の足湯。

椅子の前に佇むさるぼぼ七福神を横目に癒やされて下さい。

興味があれば、下記を巡られると良いです。

田の神の足湯

下呂駅から下呂大橋を渡り右手の方角に位置する、田の神の足湯です。

温泉街とは対局に位置するためあまり見どころは有りませんが、足湯を制覇したい方はちょい寄りすると良いです。

噴泉池

下呂駅から下呂大橋に向かう際に、河川敷左手方角に位置する噴泉池。

私が行ったときは、昼間でも年配の方が裸でお湯に浸かっていたため、女性にはお勧めし辛いです。

気にならないかたは、ねっとりと良湯ですので是非お立ち寄り下さい。

遠くから見学するくらいなら、②の昼食前に道中で寄れます。

※温泉の質は良質です!ぬるぬるです。

④1日目宿泊

私は色々調べた結果、湯快リゾートに宿泊することにしました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

■湯快リゾート本館レポ

⑤2日目は、いで湯朝市と合掌村

3〜11月は、合掌村前でいでゆ朝市がやってます。

合掌村は下呂駅から徒歩で行こうとすると登道で30分程度掛かりますから、バスかタクシーを利用すると良いです。

バスは1時間に1本なので頃合いを見計らう必要がありすが、1人100円と安いです。

因みに、合掌村にも温度が高めの足湯があります(笑)

⑥最後に、日帰り入浴

帰路に向かう前に最後の日帰り入浴です。

電車の方は、方面にも寄りますが名古屋方面の方は1時間に1本なので、時間いっぱいまで温泉を愉しみましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

下呂温泉は観光スポットが密集しており、どれもちょい寄り程度で済んでしまうため、ゆっくり見回るのがお勧めです。

早い人は1日目の観光を15時過ぎには終えてしまうかもしれません。

2日目なんて午前中で終えてしまうかもしれません。

普段時間に追われた生活をされている方は、一度下呂温泉でスローライフを愉しんでみてはいかがでしょうか。

■下呂温泉で最も有名な温泉旅館

スポンサーリンク

Posted by だらは